偏った食生活による悪影響がもたらす薄毛

薄毛に大きな影響を与えてしまうのが食生活です。
薄毛の原因に偏った食生活もあるのです。

 

こちらでは、どんな食事に
どんな薄毛リスクが内在しているのかを詳しく解説します。

 

栄養に関しては育毛サプリに頼る、といった考え方もありますが、
まずは普段の食生活を見直すことも大事です。

 

肉料理ばかりを食べると薄毛を招く

 

脂質を取り過ぎてはいけない

肉料理だけでなく、お菓子(スイナック菓子など)にもリスクが存在しています。
脂や油を使っている料理を多く食べると、皮脂腺を活発にしてしまうのです。

 

必要以上に脂や油を摂取すると、
体内では不必要なので排出しようと一生懸命になります。
その一つの排出先が皮脂腺になるわけです。

 

皮脂腺は特に頭皮にたくさんあり、しかも大量に分泌出来る機能を持っています。

 

肉料理を食べ過ぎて皮脂腺が活発化するとどうなるのか?

 

頭皮に菌が大量繁殖して、湿疹やニキビなどを作ってしまいます。
皮脂は適量であれば問題ありません。

 

しかし、多くなりすぎると、それを餌にする菌たちが大量繁殖してしまうのです。

 

頭皮環境が悪化すれば髪の毛の成長も阻害されてしまいます。
肉料理を食べてはいけないわけではありませんが、多すぎるのが問題なのです。

 

タンパク質の摂取をしない食生活は薄毛を招く

 

髪の毛の原料を摂取するのが大事

髪の毛の主原料はタンパク質です。
原料であるタンパク質を摂取しないような偏った食生活では、薄毛を招くのも当然です。

 

ただ、タンパク質の摂取は思った以上に難しく、逆効果になることもあります。
前述した肉料理にもタンパク質は大量に含まれているのですが、
カロリーも高いですし、リスクがつきものなのです。

 

髪の毛のためにタンパク質を摂取するのであれば、大豆製品か魚料理をおすすめします。
脂質も抑えられており、カロリーも低めなのでヘルシーです。

 

野菜を摂取しない食生活は頭皮トラブルを招く

 

頭皮環境づくりも食生活が関わっている

頭皮もお肌です。ビタミンを効果的に摂取しなければ、肌荒れを起こすこともあります。
特に注意したいのが、お肌のターンオーバーの乱れです。

 

ターンオーバーを正常化させるためには、新陳代謝を良くしなければなりません。

 

そこで関わってくるのがビタミンです。
ビタミンは野菜や果物に多く含まれる成分でもあります。
野菜嫌いな人も多いですが、育毛のためにも定期的に摂取すべきです。

 

新陳代謝が高まると血行も良くなり、育毛効果も期待できますよ。

PAGETOP