睡眠不足による悪影響がもたらす薄毛

薄毛と睡眠不足の関係を疑ったことはありませんか。
こちらでは睡眠不足が髪の毛に与える影響について考察します。

 

普段から睡眠不足であり、薄毛にも悩んでいるそこのアナタは要チェックです。

 

睡眠不足によるストレスと髪の毛の関係性

 

睡眠不足になるとストレス解消ができない

寝ている時の我々はリラックス状態になります。
脳を休ませることにもなるので、ストレス解消に大いに役立っています。

 

しかし、あまりに短時間睡眠しか取っていない場合には、
ストレス解消ができていないのです。

 

特に1日あたり4時間や5時間しか寝ていない、
といった方は注意しなければなりません。
ストレスが解消されずに溜まり続けてしまいます。

 

ストレスが高まると血行に大きな問題が出てきます。
ストレスは血圧を高めることになります。

 

血圧が高い状態が続くと全身に効率的に血液が送られなくなり、
髪の毛への栄養も届きにくくなってしまうのです。

 

睡眠不足は血行障害を招くこともあるので、薄毛の原因になることも考えられます。

 

髪の毛の成長を阻害してしまう睡眠時間帯

 

不規則な睡眠時間は髪の毛に影響を与えてしまう

アナタは、午後10時から午前2時の間に睡眠をとっているでしょうか。

 

実は研究結果により、午後10時から午後2時の4時間の間に
人体は最も髪の毛を成長させていることがわかったのです。

 

そして人間は寝ている時に成長ホルモンを分泌させています。だからこそ、午後10時から午前2時のあいだに就寝している状況を作り出すことが髪の毛に多いに役立つのです。

 

一方で、寝る時間帯が深夜になったり朝方になるなど不規則な方は、
髪の毛の成長を自らの行為で阻害していることにもなりかねません。

 

睡眠時間帯にも気を使った育毛生活を実施すべきです。

 

1日あたり何時間くらい眠れば育毛に良いのか?

 

7時間程度の睡眠がおすすめ

平日は5時間程度で、週末になると10時間程度寝るといった生活をしている人もいます。

 

しかし、これではストレス解消になりません。
そもそも、寝過ぎるのもストレスをためる原因になってしまうのです。

 

理想的な睡眠時間は、毎日7時間程度です。
寝溜めといった考え方を捨てて、規則正しい生活を実行してくださいね。

PAGETOP