運動不足による悪影響がもたらす薄毛

薄毛は生活習慣からも大きな影響を受けることは確かです。

 

こちらでは、運動不足が薄毛にどんな影響を与えてしまうのか、
といったことについて詳しくお話します。

 

運動不足であり、薄毛にも悩んでいるという方は必見です。

 

運動不足と血流の関係性

 

血行の悪さが薄毛に大きな影響を与えてしまう

運動を定期的に行っていない人は、血液のめぐりが非常に悪くなります。

 

我々は、カラダを動かすことによって、定期的に血行を良くする仕組みがあるのです。
1日中ほとんど動かないでいると、血流も低下してしまいます。

 

ひどい場合になると、冷え性を発症してしまうこともあるのです。
冷え性は、血液のめぐりが悪くなることで起こる現象です。
血行の良い人が冷え性になることは基本的にありません。

 

問題の薄毛と血行の悪さの問題ですが、栄養素があります。
我々の身体は、全身に栄養を送るために血液を利用しているのです。
血液のめぐりが悪くなってしまうと、全身にしっかりとした栄養が届かなくなります。

 

髪の毛も栄養から生成されています。タンパク質やアミノ酸によって生成されているので、
それらの栄養は血行が悪ければ髪の毛を作る細胞に行き届かなくなるのです。

 

運動不足になると慢性的に髪の毛に栄養が届かない状態となり、
髪の毛が細くなってしまったり、成長しきる前に脱毛してしまう例もあるのです。

 

運動不足とストレスの関係性

運動をしないと、ストレスを体に貯めこんでしまうことにもなります。
定期的な運動をすることで、我々はストレス解消をしているのです。

 

実はストレスに関しても血行と大きな関わりがあります。
ストレスが高まると、血管を収縮させてしまうのです。

 

血管が収縮すると、太い血管に血液が集中します。
頭皮の末端の血管には血液が行き届かなくなり、栄養が滞ってしまうのです。

 

ストレス解消といった観点からの運動不足解消も考えるべきです。

 

どんな運動が育毛に役立つのか?

 

有酸素運動をするべき

有酸素運動をおすすめする理由としては、
長時間の血行促進作用が挙げられます。

 

有酸素運動の特徴は、長く続けられる運動をゆったりと行うことにあります、
有酸素運動をしている時は、ずっと血行が良い状態がキープできるわけです。

 

無酸素運動はハードな筋トレなどが該当します。長時間続けることは難しいです。
有酸素運動で血行促進を目指すのが、薄毛解消の第一歩でもあります。

PAGETOP