タバコ(喫煙)がもたらす悪影響とは

タバコを吸うことで、薄毛が進行してしまうケースがあります。

 

タバコが薄毛を引き起こす要因として挙げられるのは血管への影響です。
血管が収縮され、毛細血管へ届く栄養素の量が減少してしまうため、
薄毛になってしまう確率が高まります。

 

タバコを吸うことでどのような影響がある?

タバコを吸うと、タバコの成分であるニコチンが体内に浸透します。
ニコチンはビタミンCを阻害し、体内のビタミン量を減少させてしまいます。

 

ビタミンCは抗酸化作用があって、血流を良くしてくれる成分です。
その成分がなくなることで血液のサラサラ具合が悪くなったり、
コレステロールを減少させる力が弱まってしまいます。

 

また、タバコを吸うと交感神経末端を刺激し、
脳細胞の酸素が不足し、血管を収縮してしまう特性があります。

 

さらに、そればかりか肌のくすみやシミの原因となる紫外線の影響を受けやすくなります。
タバコの成分が血液と肌への悪影響を招いてしまうと言っても過言ではありません。

 

血管が収縮すると、なぜいけないのか?

タバコを吸うとニコチンが体内に入って血小板の粘度を高めてしまいます。
その結果、赤血球数が増えて血液がドロドロになり、血液循環が悪くなります。

 

収縮されて、さらに血液循環も悪くなるので動脈硬化を招きやすくなり薄毛の進行だけでなく、
狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の危険性も高まります。

 

また、タバコを吸うことで体中の血液循環に影響があるため、
胃の動脈が収縮し、胃潰瘍などを引き起こす可能性もあります。

 

体中の血液循環が悪くなっているということは、
当然頭部付近に存在する毛細血管の流れも悪くなります。

 

毛細血管の流れが滞留してしまうのは非常に危険です。
薄毛の進行を引き起こし、抜け毛が増えてしまう要因となります。

 

薄毛改善なら禁煙がポイント!

タバコを吸うことでニコチンが体内に増加し、一酸化炭素の量が増えます。
すると酸素の量が不足して血流が悪くなってしまいます。

 

血流が悪いと毛母細胞の働きもにぶってしまい、
タバコを吸わない人に比べ栄養素が毛乳頭に行き届きにくくなります。

 

「タバコを吸わないと、ストレスが溜まってかえって体によくないんだ」、
なんて考えている方もいますが、血液のメカニズムを考えると
タバコが髪に良い影響を与えるということはひとつもありません。

 

 

薄毛改善のためには、禁煙は欠かせないといえるでしょう。
単純に薄毛改善だけでなく、体調管理をする上でもタバコはやはり良い影響はないので、
本数を徐々に減らし、最終的にはタバコからの卒業を考えたいところです。

PAGETOP