MENU

U字ハゲの症状と特徴について

薄毛の進行が激しい症状として、U字ハゲが挙げられます。

 

U字ハゲとは文字通り、Uの形をした薄毛の症状で、
側頭部と後頭部だけ髪の毛が残っていて、
おでこから頭頂部にかけて薄毛が進行してしまっている症状です。

 

M字ハゲが進行して、
真ん中の部分も薄毛になってしまうとU字ハゲになってしまう傾向が強いです。

 

U 字ハゲは深刻?

U字ハゲになる場合、
だいたいO字ハゲ、あるいはM字ハゲになってしまう傾向が強くなっています。

 

薄毛の中でも深刻な症状で、普段の食生活を気をつけたり、
睡眠をよく取るだけでは解消は難しいでしょう。育毛剤や育毛シャンプー、
あるいは植毛やHARG療法なども検討しなければいけないでしょう。

 

もはや自力での復活は厳しいといった状態です。
毛根の力がなくなっている傾向にありますので、
それを活性化させる成分を塗布してあげる必要があります。

 

U字ハゲの具体的な復活方法とは

薄毛の進行が激しいU字ハゲの場合、塗布するタイプの育毛剤と、
経口するタイプの内服薬やサプリメントの両方で対策を行っていく必要があります。

 

育毛剤で塗布するだけでなく、ミノキシジルタブレットやプロペシア、
あるいは育毛サプリメントなども併用して体の内外からケアを行っていかないと、
なかなか改善には至りません。

 

ミノキシジルタブレットは海外製品、プロペシアは病院やクリニックのみの処方となっていますので、
初めは手軽に摂取できる育毛サプリメントから初めて対策を講じるのが良いでしょう。

 

副作用のリスクがなく安心して治療することができます。

 

U字ハゲの治療期間とは?

植毛やHARG療法であれば、半年程度での治療が可能です。

 

ただし、U字ハゲからの治療となると明らかに髪の毛のボリュームが増えますので、
短期間での増毛は他人に気づかれるというデメリットがあります。

 

徐々に自力で発毛させていくということになると、やはり育毛剤の使用がベターでしょう。

 

ただ育毛剤の場合は治療期間に1年から2年、
あるいはそれ以上かかる可能性が高いです。
長期的な視野で、治療していく必要があるでしょう。

 

U字ハゲの場合、回復まで時間はかかりますが、
男性ホルモンの抑制と5aリダクターゼの抑制がうまくできれば
徐々に回復する可能性を秘めています。

 

時間をかけて対策を講じれば
薄毛の範囲が徐々に前頭部へと伸びていき、狭まっていくことでしょう。
自分1人での改善が難しい場合は、AGAクリニックの医師に相談するのも良いでしょう。