MENU

M字ハゲの症状と特徴について

M字ハゲは男性特有の薄毛の症状です。

 

女性でこのような薄毛が進行することはほとんどありません。
これは男性ホルモンの影響が関連しているといわれています。

 

M字ハゲの男性が多い理由とは

男性の場合、頭皮に5aリダクターゼと呼ばれる
還元酵素が頭頂部や前頭部に多く存在します。

 

特に薄毛が進行しやすい部位に存在していて、
男性ホルモンと交わることで薄毛が進行します。

 

これは男性特有の症状で男性ホルモンと5aリダクターゼが交わることで
ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変化します。
この物質が薄毛の原因となり、M字ハゲの脱毛を引き起こします。

 

男性ホルモンが薄毛と直結するわけではない

男性ホルモン自体は頭皮だけでなく体全体にあり、
薄毛を呼び起こすものではありません。

 

よく、「男性ホルモンが強いと薄毛になりやすい」といいますが、
正確には、「男性ホルモンが強いと5aリダクターゼと交わる確率が高まるので、
薄毛になりやすい」というのが正確な情報です。

 

M字部分が薄くなるのは、
このジヒドロテストステロンが発症しやすい部位だからということが言えます。

 

M字ハゲが進行する要因とは

M字ハゲが進行してしまう人はジヒドロテストステロンを発症しないように、
5aリダクターゼの働きを抑制する必要があります。

 

5aリダクターゼは、ウイルスのように、
例えば風邪薬を飲んで一時的に治療して治るというものではありません。

 

半永久的に抑制しなければ、薄毛が進行してしまう可能性を秘めています。
では、最も有効な対策として何が良いかというとフィナステリドとミノキシジルの使用です。

 

他にもノコギリヤシ、センブリエキス、オウゴンエキス等を使用すると5aリダクターゼが抑制されるといわれています。これらは、育毛剤や内服薬に配合されていて、薄毛治療に有効な方法として現在も使用されています。

 

M字ハゲは遺伝によるところが大きいのか

M字ハゲになってしまう人は、遺伝の影響が大きいというのは確かにあります。

 

男性ホルモンレセプターと呼ばれる男性ホルモンの形状や受容体の形が似ているため、
5aリダクターゼと男性ホルモンが交わりやすい頭皮になっているということもあるでしょう。

 

しかし、日頃から食生活に気をつけたり、育毛シャンプーを使ったり、
育毛剤を使用することでそのリスクをできるだけ抑えるということも可能です。

 

実際に遺伝によるM字ハゲが100%継承されるというわけではないので、
そこまで悲観的になる必要はないでしょう。